FC2ブログ

かわいい自分は「旅」に出そう

ワーホリ、離島、自転車、沢登り、雪山登山…旅大好き人間の提供する旅ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

田んぼアートで村おこし

 地方交付税の減額や、市町村合併などで、
小さな山村や離島にある村の状況はとても厳しい時代になってきたようです。
そんな中でも自分たちの村を守るため、そして、自分たちの生活を守るために、
いわゆる「村おこし」をして元気にやっている市町村がたくさんあります。

 たとえば、青森県の田舎館村。
 
 この村では、1.5haの田んぼで3種の稲を使った地上絵を作っています。
始まったのは1993年のことで、2003年からは人物画にも挑戦そ始め、
それ以降は「風神・雷神」や、写楽や歌麿の浮世絵など次々に大作に挑戦しており、
今年は「恵比寿様・大黒様」が画題となったそうです。

 田植え体験ツアーや稲刈り体験ツアーなどと組み合わせ、
年々観光客を増やしているようです。
今年はナショナル・ジオグラフィック日本版にも掲載されました。
その記事を見てぼくも知ったのですが。

 観光化=村おこしか、と言われると、それだけではないとは思います。
が、自分の村を誇れるようになることが村おこしの真の狙いだといえるので、
訪れた人が驚くようなものを自分たちで作っているのだ、
と思えるこの田んぼアートは、なかなか興味深い記事だと思いました。
アイデアはあるかもしれないけれど、本当にやってしまうのがすごいと思います。

 そしてポイントは、使われている3種の稲のうち、
2種が現地の水田遺跡から発見された古代品種を使っているところでしょう。
やはり、村に元気を与えるのは、外から来たものを使うより,
もともとその村にあったものだと思います。
 
 どんな村にも、その村にしかないものがあると思うのです。
 ただ、気づいていないだけで。
 
 参考:http://www.vill.inakadate.aomori.jp/
スポンサーサイト



| その他 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

列島マラソンで村おこし ~トカラ列島のばあい~

 便利な生活を求めて都市部へやってくる人が多い中、
逆にみどり豊かな環境を求めて小さな農山村や離島村に憧れる人も増えているようです。
特に連日真夏日が続くなかでは、山村の過ごしよさといったらない、と思います。
ぼくが知っているのは山村よりもっと山奥での話ですが…。

 今回は、ぼくがたまにお世話になる、ある離島での場合。

 鹿児島県の離島、十島村。またの名を「トカラ列島」。


 この離島村は南北160kmに連なる日本一長い自治体なのですが、
おもしろいのは、その島の数。

 全部で12も島があるのに、村の名前はたった一つ、十島村。
ちなみに、なかには無人島もありますので、有人島の数は全部で7島です。
それでも人口は全体で600人ほど。

 実は、この、160kmの距離を定期船を利用して走破してしまおうじゃないか!
という大胆な村おこしイベントがあるんです。

 第1回は2006年の開催で、昨年度は台風のため、中止になった、なんて話を伺いました。
が、今年11月1日に、ついに2回めが開催されるそうです。

 船を使って有人7島を走り抜ける。
 
 なかなかおもしろそうだと思いませんか?
 マラソンで村おこし、ということも、よくある話のようですが、こんなユニークな企画は他にはないのでは。

○参加希望者は
http://www.tokara.jp/contents/2008/07/post-e165-1.html
をご覧ください。
締切りは今月31日です。

| その他 | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪雪村の夏 ~長野県栄村~

 長野県の北端、新潟県と群馬県とに接する場所に、
日本最大積雪を記録した村がある。
長野県下水内郡栄村だ。

 道路拡張工事や、水田整備を国の補助金に頼るのではなく、
村独自の政策として行う、「道なおし」や「田なおし」などの
独特の施策が評価されている村である。

| その他 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒマワリは寂しがり屋か?(1)

 バイト先の某ビアガーデンでヒマワリとアサガオを育てている。
アサガオはプラスチックカップのポットで丁寧に育て、
今ではお客様の目に見える場所に移植し、明日にも第1号が開花しそうなくらいになってくれた。

 ヒマワリはというと、最初いきなり花壇に撒いた種は全滅してしまったので、
予備としてとっておいた4粒をこれまたプラスチックカップのポットで大切に発芽させ、
今では人の目に触れる花壇に定植して元気に育ってくれている。

 ちなみにこの4株のヒマワリはうち1株を更なる「予備」として、
目立たない場所に定植し、3株は目立つ場所、いわばお立ち台に定植しておいた。

 1株の方が条件がいいはずなので、3株が心ない人によって枯らされても、
最悪コイツだけは残ってくれるだろう、と思ってのことだ。

 ところが条件の良いはずの1人っ子ヒマワリと3兄弟ヒマワリとの成長に興味深い変化が現れた。

 まずは以下の写真をご覧いただきたい。




写真A:1人っ子ヒマワリ





写真B:3兄弟ヒマワリ


 いかがだろうか?

 成長の具合をわかりやすくするためにボールペンを一緒に撮影したので、違いがよくわかるかと思う。

 では、次にAとBの栽培条件の違いを見ていこう。


 (A)
 条件1…1株だけなので、十分に栄養を摂ることができる。
 条件2…Bとくらべてだいぶ土が深い。
 条件3…土が深いため、周辺にドクダミが生えておりm地下茎がはびこっている可能性がある。
 条件4…1人っ子!


 (B)
 条件1…3株なので単純に考えると、摂取できる栄養分が3分の1になる。
 条件2…実は土がとても浅い。5cmくらいしかない。
 条件3…土が浅いため、周辺には雑草が一切生えていない。
 条件4…兄弟みんなと一緒!

 ちなみに日照条件はほとんど変わらないはずである。
なにせ距離があるだけでこの4株のヒマワリは同じ花壇の中にある。

 土が深くて1株だけの方が有利な気がするのだが、なぜAとBでこれほどの差が見られるのだろうか?
上記の条件を考慮すると、可能性として高いのは、条件3から考えられる

 「ドクダミが周辺に生えているため」

 と推定するべきだろうが、ここはあえて条件4に着目してみよう。ズバリ、

 「ヒマワリは実は寂しがり屋なので、1株より複数株一緒に育てた方がいい」

 という仮説である。


 実際、「コンパニオンプランツ」といって、一緒に育てるとうまい具合に育つ組み合わせの植物が存在する。
それとは若干異なるかもしれないが、仮説としての面白みはあると思う。

 そこで、この仮説を立証するために、Aの1人っ子ヒマワリのところにBのうちの1株を移植してみようと思う。

 Aの1人っ子ヒマワリをBに移植するのでは、実は気づかなかったマイナス条件がAにはあった、
という可能性を拭うことができないからだ。

 仮説が正しければ、1人よりは2人の方が元気になってくれるだろう。

 
 と、いうことで移植後、何か変化があった場合(なかった場合でも)、この場で紹介をしようと思う。

 このブログは一応「旅行」モノなのだが、まあ、たまにはいいということで。

| その他 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒマワリは寂しがり屋か?(2)

山に行く前に、前回のヒマワリ の植え替えをしておいた。
成長の悪い1人っ子ヒマワリの横に、3兄弟ヒマワリの1株を植えるという実験である。
果たして、その後の1人っ子ヒマワリの成長はどのようであったのか?




8月17日の様子。
右が成長が悪かった1人っ子ヒマワリ。その左が、3兄弟ヒマワリの1株。


次の画像は、8月21日に撮影したものである。




8月21日の様子。
成長が遅かった1人っ子ヒマワリの背丈が、3兄弟ヒマワリと同じくらいになっている。


 う~ん。3日間の間に何が起こったのだ。
(元)1人っ子ヒマワリの方がまだまだ茎は細いとはいえ、
背丈はほとんど同じになっている。

 まさか、本当にヒマワリは寂しがり屋なのか?
専門家の意見が欲しいところである。

このブログを見ている農業学生はいかが思うだろうか?

 しかし、この実験の結果、仮説が正しい可能性はかなり上がったと思われる。
今後は、この(元)1人っ子ヒマワリの茎の太さに注目したいと思う。

 葉数? 今度数えてみます。

| その他 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京ドームはお祭り騒ぎ




「都市対抗野球」のイベントで8月31日の東京ドームは大変な騒ぎだった。

さて、今日から10日まで南アルプスに行ってきます。

| その他 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |